小児歯科

お子様の歯の健康を守ります

お子様の虫歯予防

お子様の虫歯予防小児歯科とは、ただお子様の虫歯を治すだけではありません。虫歯予防も大切な目的の1つで、歯の健康を守ることで永久歯を正しい方向に導き、「健康なお口」を実現させるようにしています。
「乳歯は生え変わるから虫歯になっても大丈夫」とお思いの方もおられるかもしれませんが、そうではありません。乳歯は永久歯と比べて虫歯になりやすく、さらに永久歯へ様々な悪影響を及ぼす場合がありますので、決して放っておかず、歯科医院できちんと治療するようにしましょう。

「歯医者は怖くない」と思ってもらうために

歯医者が好きなお子様は少ないかと思います。そうしたお子様にも楽しく通って頂くために、まずは歯科医院の雰囲気に慣れてもらうところから始めて、焦らずゆっくりと治療を進めるようにしています。お子様にリラックスしてもらうために、保護者の方に一緒に治療に参加してもらう場合もあります。
楽しい雰囲気でお子様とコミュニケーションをはかったり、できるだけ痛みの少ない治療を心がけたりするなどして、「歯医者は怖くない」と思ってもらえるように努めています。

お子様の虫歯を防ぐために

だらだら食べをしない

食事をするとお口の中は酸性に傾いて、虫歯になりやすい状態になります。そのため、だらだら食べなどをしていると、虫歯リスクが高くなってしまいます。時間を決めて、規則正しい食事を心がけるようにしましょう。特に乳歯や生えたての歯は歯質が弱く虫歯リスクが高いので、ご注意ください。

しっかり歯磨きしましょう

虫歯の原因である歯垢(プラーク)を作らないためにも、毎日きちんと歯を磨くようにしましょう。小さなお子様の場合、一人ではきちんと磨けないこともありますので、保護者の方が仕上げ磨きしてあげるようにしてください。
歯磨き指導の時には、お子様だけでなく、保護者の方にも仕上げ磨きの方法をアドバイスさせて頂きます。

汚れが溜まりやすい部分を知りましょう

奥歯の噛む面や、歯と歯の間、歯と歯茎の境目などは、歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすい部分です。こうした部分を知って、しっかりと歯ブラシを当てるようにしましょう。なお、歯と歯の間は歯ブラシが入りにくいので、デンタルフロスや歯間ブラシなどの清掃補助道具を使用するようにしてください。デンタルフロス・歯間ブラシの正しい使い方も、しっかりとアドバイスさせて頂きます。

心配なこと・わからないことがあればまずはご相談ください

納得いくまで丁寧にお話しします

納得いくまで丁寧にお話しします今はインターネットなどで、色々な情報が手軽に手に入る時代です。ですが、中には間違った情報も紛れています。やはり一番確実なのは、専門家に相談することではないかと思います。それが、お悩み解決の一番の近道でもあります。
なので、お子様のお口の健康で心配なこと、わからないことなどがございましたら、お気軽に当院までご相談ください。ご相談だけなら無料で承りますので、遠慮なさらずに何でもお話しください。必要に応じて、小児歯科専門医院や矯正歯科をご紹介することもできます。
地域にお住まいのファミリーの「かかりつけ医」として、大人の方から小さなお子様まで、ご家族全員のお口の健康を見守らせて頂きます。

お子様の予防歯科メニュー

歯磨き指導

小さなお子様でも、きちんと歯が磨けるように、優しく丁寧に歯磨き方法を指導させて頂きます。お子様だけでなく、保護者の方にも仕上げ磨きの方法をアドバイスさせて頂きます。

フッ素塗布

歯質を強化する働きのあるフッ素を塗布します。年に3~4回など、定期的に受けるとより予防効果が高まります。再石灰化を促進する効果もあるので、初期の虫歯に対する治癒も期待できます。

シーラント

虫歯になりやすい奥歯の溝を、レジン(歯科用プラスチック)で塞ぐことで、虫歯を予防します。特に、生えたての歯に高い予防効果を発揮します。

TEL:078-855-4182お問い合わせ
一番上に戻る