ブログ

2018.08.24

唾液の役割

六甲駅前歯科です。昨晩の大雨、皆さんはご無事でしたでしょうか?
台風一過、夏も終わりに近づいてはいますが、まだまだ暑い日が続くかもしれませんね。
先日、糖分が虫歯の原因とお話をしましたが、その続きです。

お口の中では脱灰と再石灰化が繰り返されています!

図にありますように、お口の中の細菌(プラーク)は糖分を摂取した直後からを産出し、歯の成分であるカルシウムなどが歯の表面から溶け出します(脱灰
唾液は、酸性の状態になったお口を中和し、唾液中のカルシウムが再び歯の表面に沈着するよう促します(再石灰化)。
このように、唾液は虫歯予防の重要な役割を担っているのがわかりますね!

また、虫歯のできる原因などについては、引き続き説明していきますね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。