ブログ

2018.08.02

暑い日が続きます

六甲駅前歯科です。毎日、暑い日が続きますが、皆様 いかがお過ごしでしょうか?
最近では、強い日差しとともに、日中の気温も35℃越えることが多く、夜も寝苦しい日々が続いています。

熱中症を予防するにはどうしたらよいの?

熱中症を予防するには、「涼しい服装」、「日陰を利用」、「日傘・帽子」に加えて、「水分・塩分補給」が大切とされています(環境省 熱中症予防サイトより引用)。
しかしながら、水分補給として一度に大量の水を摂取すると、かえって体内の電解質バランスを崩して体調不良を引き起こしてしまいます。飲む量は、かいた汗の量を目安にし、汗で失われる塩分もきちんと補給することが必要とされています。
最近では、スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもつながるとされています。
スポーツドリンクにはたくさんの糖分が入っています!
しかしながら、このスポーツドリンクには、ペットボトル1本(500mL)あたり約30gの糖分(写真の量)が含まれています。
皆様ご存知のように、この糖分は虫歯の作る原因の一つです。
ですから、熱中症対策で、水分・塩分をスポーツドリンクで補給するのは良いのですが、そのせいで虫歯にならないよう、朝晩の歯磨きを丁寧に行うことが大切だと思います。

また、虫歯のできる原因などについては後日、説明しますね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。