虫歯治療

小さな虫歯でも自然に治ることはありません。ごく初期の虫歯であれば、麻酔の必要なく治療することが出来ますし治療時間も短くすみます。しかし、そのまま放置し続ければ虫歯はどんどん悪化し、治療期間も長くなります。

小さな虫歯であれば保険の範囲内でもレジンという樹脂で穴を塞げば元の歯とほとんど見分けのつかないくらい綺麗に治すことができます。

虫歯が大きくなると、樹脂では強度が不足してしまい、金属で詰めたり被せたりする必要があります。当院では強度と綺麗な色調を兼ね備えたセラミック治療も取り扱っておりますのでご興味のある方はご相談ください

自費冠
保険外の治療では材料にしばられること無く、最良の治療を受けていただくことが可能です。
保険治療では前歯の被せ物は樹脂を金属に張り付けたものとなります。装着した当初の色調は綺麗ですが、経年的に色調が変化しやすく、汚れも付きやすいという欠点があります。
メタルボンド冠は金属にセラミックを焼き付けた被せ物で、歯肉との馴染みが良く色調の変化もほとんどありません。
ジルコボンド冠はジルコニアの表面にセラミックを焼き付ける一番新しい治療法です。金属アレルギーの心配もありませんし、将来的に歯周病で歯茎が下がっても金属が透けることもありません。
E-max冠はセラミックブロックを削り出して作る方法です。色調は単色の白色になりますが、強度・色調変化ともに良好な治療法です。

スライド1スライド2

ページ上部へ戻る